賃貸住宅入居で天災にあって全壊などした場合にやっておくこと

賃貸住宅に入居した場合に地震などの天災が起こった場合に、まずしておく事を述べておきましょう。例えば地震で家屋が潰れた場合、まずその住宅の写真を撮ることです。これは地震でここまで潰れましたと言う証拠です。写真を撮らずして退去した場合に、天災での被害では無いと言われる場合があります。そのようなことが無いように、写真撮影をしておくことが大事です。また怪我した場合は、その怪我した部分の写真なども撮っておきます。またこの写真は、色々な面で役に立ちます。国からの支援金などの支給などや火災保険の証拠に役に立つ場合があります。写真を撮る場所は、外観、各部屋の写真、特に被害が大きい場所、家財の損害などを写真に収めます。また、実費でその被害の為使った費用(食費以外)緊急修繕などに使った修理代や工賃などの領収書を必ず取っておきましょう。また、怪我をした場合は、その医療費の領収書なども取っておきます。(医薬品の購入もそれに当ります。)そんな事でまず、証拠となるものを残しておくことが大事です。

無料競馬情報 入門

法律事務所 大阪 相続

ポスティング サンプル配布

『白髪染め』人気商品を比較ランキングしました!

東京のシェアハウスをお探し頂けます